腰痛と交通事故

腰痛と交通事故

交通事故と一言でいっても色々なパターンがあります。

 

自動車とバイク・自転車・人、あるいはバイクと自転車・人、自転車と人など・・・追突事故から接触事故まで本当に様々なケースが世の中にはあります。

 

軽い接触事故なんかでは、特に不調や痛みもなくその場をやり過ごし、後日突然現れるのが後遺症です。

 

また、逆に事故後不調を感じた為病院にて検査を受けたが異常はありませんと診断されるが、不調は続くような場合も見受けられます。
交通事故でよく言われているのがむちうちです。

 

最近では腰の事を気にする人も増えましたが、以前は首の痛み・ムチウチしか気にしていませんでした。交通事故による強い衝撃により腰椎部部に歪みが発生腰痛を発症したりします。

 

また、交通事故での腰痛の原因の半分以上がむちうちによるものと言われており、時間の経過に伴って痛みが増す事が多々あります。急性的椎間関節捻挫とは、交通事故の衝撃で引き起こされた「ぎっくり腰」の状態。

 

腰は生き物にとって身体の土台の役割を果たしおり、腰痛を発症してしまうと日常生活に大きな影響を与えてしまいます。ちょっとした動作や普通 に屈むだけで痛みを生じたり、激痛の為に動作が著しく制限されてしまいます。

 

むちうちによる腰痛は時間の経過に伴って痛みが増す事が多々あります。

 

ムチウチから発症する腰痛

 

・筋肉・腱の炎症による腰痛
ムチウチにより患部の炎症がひどく、それによりズレが生じている状態
腰を中心とした動作に激痛を覚える事があり、背筋の動きにも痛みを生じる場合があります。
対処法は患部を炎症が落ち着くまでを冷やし、安定してきたら施術を症状に合わせて行いズレを矯正。

 

・神経系による腰痛
  主に腰椎部分にズレが生じることで神経が圧迫される状態

 

脊椎の中には首から腰にかけて神経が通っており、ズレにより脊椎の中神経が圧迫されて痛みを生じます。

 

放置していると怖い腰痛の慢性化
患部の筋肉・腱の炎症・はれが治ったにも関わらずムチウチによる腰痛が慢性化するという事は、神経や椎間板等の柔らかな部分が傷んだままと推測できる。